余計な一言で、モテない男になる

おせっかいはモテない           

女性にモテない男性が、

ついやってしまっていることに

 

”余計な一言”を言ってしまう

ということがあります。

 

余計な一言というのは、

相手が必要としていない気づかいをして、

おせっかいになっているのです。

 

もっとストレートに言えば

「ウザい!」

と思われてしまっています。

 

 

この状況を例えるなら、

仕事で、上司から分かっていることを

わざわざ言われたときでしょうか。

 

こういうとき

「言われなくても分かっているよ!!」

と、少しイラっとしませんか?

 

もうすでに業務をこなしてしているのに

「あれやったか?」「これやったか?」

といちいち言われるとウザいと

思ってしまいますよね。

 

ここでポイントなのは

上司は”気づかいをしている”

ということです。

 

ですが、受け取る側がそう思わなければ、

それが、おせっかいとなり

不快と取られてしまうこともある。

 

これが、今回お伝えする

『余計な一言でモテなくなる』

という仕組みんです。

 

こちらも要チェック

モテないという卑屈感から抜け出すための思考法

 

気づかいが”余計な一言”かは誰も教えてくれない 

余計な一言の大きな問題として、

”本人の自覚がないこと”が言えます。

 

そして、それがおせっかいになったかどうかを

女性は、わざわざ教えてくれません。

 

「あなたの、いまの一言に怒りを覚えました!」

なんて決して教えてはくれないのです。

 

つまり、知らず知らずのうちに

女性に嫌われている・・・

 

なんてことにならないように

自らが余計な一言を意識して

避けていかなければいけないのです。

 

どのように余計な一言を

言わないようにするかですが、

 

そのポイントとなるのは、

「好きな女性には無闇に優しくしないこと」

になってきます。

 

 

その理由というのは、

夢中になってしまった女性に対しては

”好かれたい”という想いから必要以上に

気を使ってしまうからです。

 

あなたも覚えがありませんか?

 

例えば、

女性が帰宅するときに、

家が近いのに心配して

 

「大丈夫?ちゃんと帰れる?」

「心配だから送っていくよ

と言ったり、

 

どう考えても女性でも

持てるような荷物なのに

 

「俺が持つよ。任せて」

と言ったりしてしまいます。

 

こういったことは、

大して気にならないようなことです。

 

ですが、だからこそ無意識のうちに

不快感が積み重なり、

「なんかウザい」につながるのです。

 

ましてや、優しさで

言ってくれている男性に

 

「いや、ガキじゃないんだから大丈夫だよ!」

 

なんて言える女性はいないでしょう。

 

 

関係性を築けているかが重要

付けくわえた一言が

”余計なものになるかどうか” は、

お互いの関係性によって変わってきます。

 

関係がしっかり築けていれば

おせっかいも、ちゃんとした

気づかいになるのです。

 

 

わかりやすい例でいうと、

女性に惚れられている状態であれば

 

女性がちょっと咳をしただけで

「大丈夫?風邪かな・・心配だよ」

という大げさな気づかいですら

”嬉しい”となるのです。

 

 

この、気づかいの受け方の差は、

男女のお互いの温度差によって

起こることが、ほとんどです。

 

参考として、出会ったばかりの

『距離感が分かっていない女性』

に対しては、今からお話しする例を

参考にしてみてください。

 

 

〜女性に何かプレゼントをした時の会話〜

女性「ありがとう」

男性「いえいえ。その商品どこも売り切れだったから

   見つけるの大変だったよ。

   でも喜んでもらえて良かった。」

女性への気持ちを

少しでも伝えたい想いから

こんな返事をすることも少なくありません。

 

ですが、この一見なんの問題もなさそうに

見える返事も、太字部分は必要ないのです。

 

 

その理由ですが、

男性側 女性側
1, すごく苦労した気持ちを

分かってもらいたい

1, 特別にほしかったものでない

可能性もある

2, あげたプレゼントの価値を

あげたい

 2, 嬉しいけど、恩着せがましい

このような温度差がある場合があります。

 

特に女性への想いが強く、一方的に

”こちら側だけが関係性を深めたい”

という気持ちが強いと、このように

なりがちなので気をつけた方がいいでしょう。

 

 

余計な一言がおせっかいにかわる基準

せっかくの気づかいが、

余計な一言になる判断基準として、

 

あなたが聞き手だった場合を

想像してみると分かりやすいと思います。

 

そして話してを少し大げさに

あまり好きではない人を想定してみてください。

 

その上で、付けくわえられた一言が

 

  • おせっかいに感じる
  • じまんしている様に感じる
  • そんな事どうでもいいよと感じる
  • あってもなくても話が通じる

以上に該当するのであれば、

 

その一言は

”なくてもいい”

 余計な一言といえます

 

女性と知り合っても仲が進展せず

気づいたら女性から距離を取られている・・

 

そんなことが多いと感じられるのであれば、

この辺りを意識して変えていってみると

上手くいくかも知れません。

 

日々の意識を変えれば、人は必ず変われます。

まずは実践してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です