変われない人は素直じゃない。モテる人に変わるために素直になろう。

こんにちは、コウスケです。

 

今回は、

『素直であることの大切さ』についてお話しようと思います。

 

まず、あなたは『素直』という言葉にどんなイメージを持っていますか?

 

こう聞くと、わりと

「人のいう事に反抗しない」

といった他人ありきの返事をもらうことが多いのですが

 

僕が考える素直さは、そうではなく自分主体のものです。

具体的には

 

『自分の欲望に正直になって、欲しいものは欲しいということ』

です。

 

例えば、女にモテたいと思っているなら

「俺は女にモテたいぜ」

という気持ちを隠さないことです。

(まぁ実際に口説く時は、感情は隠さないといけませんが)

 

これが、いかに大事なことかと言いますと『素直に』なることで

 

・言い訳が効かなくなる

 

・他人を妬むような卑屈さがなくなる

 

という効果があるのです。

 

どういうことかと言うと、欲望に対して素直になったということは

自分自身に対して、目標を公言したことになります。

 

そうすると、一貫性の法則という心理作用が働き

「一度、決めたことを遂行する意志」が生まれます。

 

その意志が、目的のために行動することを最優先する結果、他人を妬む

ような自分をなくしてくれます

 

そもそも、自分の気持ちに素直じゃない人は

感情にフタをしているわけですから、常にストレスを受けている状態です。

 

なので、普段からの状態が『不快』な状態なわけです。

 

そんな中、欲望を解放して、好きなことをやっている人を見ると

「取り敢えず、ディスっておくか」

というスイッチが入ってしまうのです。

 

ネットなんか特にわかりやすいのですが、何もしていない人が

何かをしている人に「つまんねー」とか「出来るわけないだろ」といった

ヘイトスピーチをしまくったりしている訳です。

 

もし、あなたが何も行動を起こせていなくて

行動している他人をディスったり、誰かに何かを私的されて怒ってしまったり

しているなら、もっと素直になった方がいいです。

 

「人に迷惑かけてまで・・・」

なんて言う人もいますが、人同士が絡めば普通に生活してても迷惑をかけないこと

なんか有り得ないのです。

 

そもそも、僕的には気持ちを押し殺して本当のことを言わない人の方が

迷惑だと思います。

 

明らかに不服そうな態度は取るのに、

「別に何もないよ」

とか言われたら、ただただ気をつかわされますからね。

 

 

自分の思うことをしない・・なんて謎のストレスを抱え込んで

『縛りプレイ』で生きるくらいなら、とっとと『素直』になればいいのです。

 

これは、マジで効きますから自分の気持ちにフタをしている人は

早く解放した方がいいですよ。

 

※ブログに書かれていない濃い情報をメールマガジンで発信中

今なら、登録特典レポートとして

『女性は、第一印象で、あなたを恋人にするか決める』

プレゼント中です。

画像をクリックして、無料特典を手に入れる。

好きな人を恋人にするための恋愛講座メール

 
※無料です。不要であればいつでも解除できるようになっておりますので、まずはお試しください。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です