人と仲良くなる簡単な方法「類似性の原理」

こんにちは、コウスケです。

 

以前、『類似性の原理』という心理作用についてお話したことが

あるのですが、これを応用して簡単に人と親密になれる方法をお話しします。

 

類似性の法則は、共通点があるほど人は警戒心を解き

仲良くなりやすいというものですが、

 

そんな共通点がない・・・

 

という場合に有効な方法です。

 

それは、とても単純で

「共通の敵をつくること」

 

敵というとモノモノしいですが、要はグチる相手をつくる。

と言い換えても良いかもしれません。

 

 

たとえば、職場の上司や学校の先輩など、明らかに皆んなに嫌われている

いる場合に

 

「あの人、気にいらないんだよね。」

と切り出し、相手が共感してくれたら成功です。

 

するとどうなるか。

実は、類似性の原理は「マイナスの感情」であっても発動します。

 

なので、共通の上司・先輩というお互い嫌いな人』という

共通点が生まれます。

 

そして、感情が大きくなればなるほど共感が強く大きくなっていきます。

 

なので、グチを言い合うたびに、どんどん仲良くもなりますし、

相手にとって、そうした『グチを話せる相談相手』という立ち位置にも立てます。

 

 

そうすれば、相手が恋に落ちやすい弱っているときに一緒にいれる

可能性も高まりますので、非常に有効です。

 

もし、そんな嫌われ者がいないという場合は

「変わっている人」を見つけてください。

 

ちょっと人と変わった行動を取る人。奇抜なファッションをする人。

 

そういった、人を話題にすればいいです。

 

この「共通の敵を作る」という方法で注意したいのは

ウジウジしたグチは言わないこと

相手が共感しなかった場合は、無理やり強要しないこと

 

ます、ウジウジしたとはしつこく何度も

「あいつはダメ。」「ほんとダメだわ」とか

 

事細かに「あのとき、あんなこと言われて」「この時はこんな返事してきて」

と細かい男感・器の小さい男感を出さないことです。

 

そうなってしまうと、逆に

「こいつがダメだわ」と思われます。

 

あと、共感しない場合に

「君もそう思うでしょ」とか「本当は嫌いなんじゃないの」と

無理やり共感させないことです。

 

人のグチをいうのが嫌いな人もいますし、そもそも嫌いでないと

思っていた場合は類似性に原理から外れるので意味がありません。

 

こういったことを意識して、

気になる子はいるが共通点がなくて

仲良くなれる気がしない・・・

 

というときは、一度試してみてください。

 

 

共通点に関する、威力抜群の恋愛ノウハウがこちら

たったの1,000円(税別)で、こんなに効果のあるものは他にありません。

画像をクリックして、手にいれてください。

 

 

※ブログに書かれていない濃い情報をメールマガジンで発信中

今なら、登録特典レポートとして

『女性は、第一印象で、あなたを恋人にするか決める』

プレゼント中です。

画像をクリックして、無料特典を手に入れる。

 

 

無料の恋愛講座メール登録はコチラ

(今だけの限定特典つき)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です