デートに持ち込むための日常からのLINEの打ち方

 

 

前回は、よくないLINEの打ち方の例をあげました。

『もう自然消滅しない! LINEの打ち方』

 

今回は、LINE会話をうまく盛り上げて

デートに誘っていく方法をお話しします。

 

 

ポイントは、

「スマホの向こう側の相手(女性)をイメージする」

「返事のしやすい質問をする」

「会話を楽しむ(楽しませる)」

「しつこくしない」

それでは、前回の例を使ってやってみますね。

これがよくない例でしたね。

 

では、これを一から変えていきましょう。

 

 

と、こんな感じになります。

同じ断られ方でも、しっかりLINEを盛り上げてあるので

今後の展開が変わってきます。

 

 

何が違うのか、一つずつ解説していきますね。

 

まず、

男性「今日は、仕事バタバタだったよ。○○(女性)は何をしていたの?」

女性「私も1日バイトだったΣ( ̄ロ ̄lll) 疲れた・・・」

 

これは質問の仕方を女性が答えやすい様にしています。

答えやすいというのは相手があまり考えなくていいという事です。

 

自分から話すことで相手が考えやすい状況をつくってあげます。

そして、誘われるかもという、心配をかけない配慮をしています。

 

「いまは」ではなく「今日は」と聞くことで、今日あったことを

会話するだけだなと思わせます。

 

 

こうして、初めて「いま」の話に入るわけです。

男性「お疲れ様だね。いまはリラックスタイム?」

女性「うん、そうだね(^^♪ 本読んでるよ。」

男性「ふーん、何て本? まさかエロ本じゃないよねww」

女性「そんな訳ないじゃんwww ○○って本だよ。」

 

ここは、キチンと女性の言葉をひろって会話を膨らませています。

そして、楽しませるためにわざと「エロ本?」と聞いているわけです。

(ただし、あなたのキャラや女性が下ネタNGの場合は別の言い方を考えましょう。)

 

 

実際は、もっと話が広がっていく可能性がありますが、ここは先に進みますね。

男性「へー、面白そう!こんど貸してよ。」

女性「うん、いいよ(^^)」

 

ここは、デートの前降りですね。心理戦ともいえます(笑)

ビジネスでも相手によい返事をもらう時は小さなYESを集めていくという戦略があります。

 

ここでは、社交辞令でも「いいよ(YES)」を言いやすい

本を貸してくれと頼んでいるわけですね。

 

 

そして、いよいよ本題に入ります。

男性「そういえば、○○っていう美味しそうなご飯屋さん見つけたんだ。

今度一緒についてきてくれない?」

  「(そのご飯屋の写真を送る)」

女性「美味しそう(^^)行ってみたい!!」

男性「じゃあ、○○日はどう?」

女性「ゴメンm(_ _)m ○○日は予定あるんだ。ちょっとシフト確認するね。」

 

いざ、デートに誘うのですがデートを匂わせないようにしています。

 

女性はデートとなると、服装をそれなりに考えたり

告白されるんじゃないか・・どう対応しよう!?

などなど、精神的に負担がかかるので嫌がることが多いです。

 

なので、あくまでもご飯屋さんに行くこと自体を目的として誘い込むわけです。

ご飯屋さんの写真を送るのも、その説得力を持たせるためです。

(もちろん、写真には相手に興味を引かせる効果もあります)

 

ここで女性が、この人は会話してて楽しい(もしくは楽)と

思ってもらえていたら、ご飯にいく(=デート)ハードルは、かなり下がっているはずです。

 

そして、断られても絶対にしつこくしないこと

 

ここまで楽しくLINEをできていれば、向こうから

「そう言えば、〇〇日空いてるよ〜」

と向こうから言ってきてくれる可能性もあります。

 

 

なので、その時は例え断られても”ちゃんと相手の状況を考えてあげる”

・いまは、仕事、勉強、家庭の事などで忙しいのかもしれない

・たまたま機嫌が悪く、そんな気分じゃなかった

 

ということがあるので、また日をあらためて誘ってみましょう。

 

 

今回は以上です。

 

色々ポイントは挙げましたが、

 

要するにデートに直球で誘わない。

自分自身もLINEのやり取り自体を楽しむ。

 

この2点を意識するだけでも、女性の反応が変わってくるはずです。

LINEのやり取りが苦手な方は、参考にあがんばってみてくださいね。

 

こちらに、女性からデートに誘わせるようにするためのLINEノウハウを

まとめましたので、以下をクリックしてチェックしてみてください。

 

⬇︎       ⬇︎

彼女が欲しい人のためのLINEテクニック

⬆︎       ⬆︎

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です