辛い別れを避ける、女性への気持ちの伝え方

告白するとき、あなたはどんな伝え方をされますか?

ちなみに

「好きです」

というと女性は、返答をしないといけないので

『No !!』の答えをもらう可能性が出てくるので効果的ではありません

となると、フラれないためには、女性がオッケーをくれる言い回しにする事がポイントです。

最近見たネット記事にこんなのがありました。

子供に、

「あっち行って!」

と言われた母親が

「もっと可愛く言い換えて」

とお願いした

その子は

「遠くから、見てて。」

と言ったそうです。

僕はコレ『結構、勉強になるなぁ〜』と思いました。

だって、この言い方なら母親もきっと少女の望みである

「あっちに行って」くれることでしょう。

これは、言うなれば「あっちに行って欲しい」という要求を

断られにくい言い方に直した。

つまり、”モノは言いよう”ってやつを有効活用した例だと思います。

恋愛においても、この”モノは言いよう”というのは大事だったりします。

相手が、コチラを好きかどうか全く判断できない。

もしくは、彼氏が居てどう考えてもフラれる確率が高い。

という時に、

「好きです。」

と伝えてしまうのは、前述したように相手はコチラを振るか振らないか選択をしない

といけなくなります。

なので、絶対にフラれたくなければ、フラれずにオッケーをもらう為に、

「好きでいていいですか?」

が有効です。

「好きでいていいですか」

という言葉に

「ダメです。」

という人は、そうそう拒否されることはありません。

「いや、OKもらえてないじゃん!!」

と思うかも知れませんが、こうしておくことで

この先、女性と連絡を取る関係を続けておくことで

チャンスが来た時に逃さない”

という効果を生みます。

具体的には、

・女性側に何か辛いことがあって1人でいたくない状況になった。

・彼氏と別れて、寂しい気持ちになっている。

こういった機会を逃さずに済みます。

この方法は口説く戦略としては、どちらかというと根気よく口説くパターンなので

効率やスピードを重視するタイプの人には向きませんが

「取り敢えず、キープはしておきたい」

という時には、効果的ですので覚えておくと役にたちます。

もし、いま複数の女性にアプローチをかけているが、ちょっとキープしておきたい

ということであれば活用してみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です