セクハラするオジさんは会話に困っている というネット記事を読んで

 

 

今回は、セクハラをする人。
についてのお話です。

 

ネットニュースを見ていて、
『セクハラをするオジさんは会話に困っている』
https://president.jp/articles/-/25908 

 

という記事を見て

 

「あぁまるほど。根が深いなぁ」

と思ったので共有しておきます。

 

内容的には、

女性とのコミュニケーション能力が低いまま、偉い人になっちゃうと、

自分でも知らない内にセクハラおじさんになっちゃうよ。

 

という話です。

 

 

コミュ力がないまま、忙しい立場になると、人と話す情報を仕入れる時間も

取れなくなる。

 

その結果、女性自身について質問するしかなくなり

「彼氏いるのか?」

みたいな、親と娘的な会話をしがちになるのでしょう。

 

で、女性側も上司という立場の人から言われるから

 

「うわぁ〜ウゼぇ、あんたに関係ないじゃん」

とは言えず、

 

「いないんですよ〜(ニコッ)」

と答えるしかないわけです。

 

そうなると、男性側が勘違いして

「おっ、コイツ嬉しそうに答えやがるぜ」

なんて、調子に乗ってどんどんとソッチ方面の質問をしていってしまう

わけですね。

 

まぁ何が言いたいかというと僕は、こんなオジさんにはなりたくないな、

という話です。

例え歳をとっても

こちらから、絡みにいかずとも向こうから質問がくる。

と言うくらいに、魅力的な男でいたいです。

 

その為に磨いておくべき能力として

 

・雰囲気(空気)を読む力

・会話を掘り下げる力

 

は必要不可欠と言えるでしょう。

因みに、ブログでは僕は空気読んでません(笑)

 

思った事を言うし、言いたい事を言う。

そうして、本音を知ってもらいたいと思ってます。

 

まぁ、でも雰囲気で察する能力って大事ですよ。

それが、あるだけで女性の心を掴みやすいですからね。

 

例えば、何か悩んでそうな女性を心配してあげたとして

 

①「大丈夫だよ」

②「大丈夫だよ…」

 

と言った返答があったとします。

これ、文面にしてるから分かりますが、当然、②は大丈夫じゃないやつですよね。

 

こういった部分を読み取れないと

「大丈夫って言ってるしな。」

と誤解してしまったり、

 

女性が内心では、もっと”踏み込んできてほしい”と思っているかも知れないのに

その一歩を踏み出せないわけです。

 

 

また、会話を掘り下げる能力についてはつまらない会話から面白い会話に

持ってくまでに重要な能力です。

 

今回の、上司と部下という例で言えば、

部下という立ち位置から、自分がどう見られているのか?

をちゃんと予測できていないから会話が成立していないという事も考えられます。

 

部下という立ち位置からでは、

「仕事上の関係」「気を使う」

と言った状態です。

 

つまり、根本的には、話す話題がないのではありません。

どこまで話していいのか分からない。

という奴です。

 

例えば、最近だと長い通勤のお供にNetflixやAbemaTVなどの契約をしている人が多

いですが、こういった話題って仕事と関係無さすぎて、

 

「こんな話、上司にしていいのかな」

 

と思ったりするわけです。

 

そこで、その辺りを

“俺はそういう話オッケーだぜ”

と思わせてあげればいいわけですね。

 

とはいえ、直球で若者に流行っているものを聞くのはスマートではありません。

 

なので、ちょっとした会話をしている中で

「そういや、なんか通勤中におススメのアプリない?」

みたいな感じで聞くなどすればいいのではと思いますね。

それで、部下が

「あぁ〇〇さんもそういう話いけるんだな」

と思われればコッチのもんです、

もし、これで

「えっ、なにメッチャ若者に寄ってくるやん!」

と思われる様なら、そもそも上司としての人望がないかも知れません(笑)

会話以前に、仕事内容や部下へのフォローでもっと評価を得ないと

いけないかも知れませんね。

 

恋愛ブログなのに、一体なんの話をしてるのか分からなくてなってきましたので

ここら辺でやめておきます。

 

まぁ、いくつになっても女性にはモテていたいですよね。

僕も将来、セクハラおじさんにならない様に頑張ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です