好きな人に好かれないのは何故か?

こんにちは、コウスケです。

どうでもいい人には好かれるんですけど、本当に好きな人に好かれません。
という話をよく聞きます。

 

このパターンにおちいる人には、同じ様な傾向がありまして
まず間違いなく、「意識し過ぎ」が原因で起こります。

 

例えば、あなたが好かれる対象である「どうでもいい人」に

対する態度を考えてみて下さい。

割とありのままの自分を出せているかと思います。

 

次いで、好きになった女性への態度を考えてみますと…

 

・嫌われたくない
・少しでも絡む時間を増やしたい

と意識するあまり
当たり障りのない会話や態度しか取れなかったり、

不自然に接触回数を増やそうとしていませんか?

 

例えば、相手が意見を求めているのに、自分の意見を殺して

『肯定』ばかりしてしまったり
話す事もないのに、無理に話しかけたり

しらこく帰る時間を合わせて
「あれ、偶然だね。一緒に帰る?」
みたいな事をしてませんか?
(これは、過去の僕です。すいません 笑)

 

そもそも、恋愛は相手がコチラに興味を持つことから始まります。

なのに、こうした態度を取っているとどうなるか。

 

「当たり障りのない人」
    ↓
「自己アピールが出来ていない」
    ↓
「魅力のない人」

という図式が出来上がります。

 

好きになったら、マトモじゃいられない…

 

その気持ちは凄く分かるのですが、いつも通りに振舞っている時こそが、本来の自分であり魅力なのです。

 

 

自己アピールをYouTube動画で考えてみて下さい。

良い評価をする人もいれば、悪い評価をする人もいる。

自己アピールすれば賛否両論が生まれる。世の中そんなもんです。

 

逆に、好きな人にとってしまう態度は何の意思もありません。

コレは、再生回数もゼロ、むしろ動画を挙げていないという状態です。

その代わり、評価が良いも悪いもありません。
ですが、それでは何も始まらないのです。

「嫌われる覚悟をしましょう!」
とは言いませんが、相手の反応を求めなければ恋は始まりません。

 

好きな人に好かれたいなら、普段通りの自分を出す。

そこに、プラスでその人にだけ見せる気づかいを出していく。
というのが良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です