ドラクエに学ぶ恋愛 第2章 職業と適正な成長について

『ドラクエに学ぶ恋愛』が、ご好評頂いていたので

第2章を作成しました。

 

第1章はコチラ

 

今回のテーマは、職業と適正な成長についてです。

 

ドラクエと言うと、武器や魔法でモンスターを

倒すゲームなんですが

 

 

剣や斧で戦う戦士

 

 

 

杖と魔法で戦う魔法使い

 

 

他にも、素手で戦う武闘家に回復役の僧侶。

 

各々の特徴的な能力がありまして、

レベルアップさせていくうえで、

その適正について考えなくてはいけません。

 

 

これは、恋愛にも言える事なんです。

 

 

それは何かと言いますと、性格などのキャラが

職業にあたります。

 

 

 

自分のキャラの強みはなんなのか?

 

恋愛において、キャラの強みを知ることは

大きなメリットです。

 

 

ドラクエの職業で例えますと、

魔法使いという職業の強みは”魔力”です。

 

つまり魔法の力が強みです。

 

 

であれば、

どの様に強くするか?となったとき

 

剣や斧を選んだりはしないわけです。

 

 

それよりも

“魔法の力をどれだけ上げるか”

を重視すると思います。

 

 

モンスターと戦う戦略にしても、

”最前線で戦わせる”

といった方法は取らないわけです。

 

前で戦うのは、魔法使いという職業の強みを

活かせないからです。

 

 

これを恋愛に落とし込んだとき

 

恋愛が上手くない人は、この職業と適正が合っていない

ということが言えます。

 

 

自分のキャラに合ってないと魅力は半減する

キャラというと、女性に強気な”オラオラ系”だったり、

気弱な”草食系”など様々なキャラがあります。

 

現実的にあなたの周りにも、色んなキャラの男性が

いると思います。

 

このキャラについて、恋愛が上手でない人は、

 

・自分がどんなキャラなのか分かっていない。

・どんな戦略を取って行くことが、恋人を

 簡単に作れる近道なのか知らない。

 

という事が、言えます。

 

実際のところ恋愛に悩まれている方には、

すごくマジメな方が多いです。

 

 

そうしたマジメキャラの人が、

「男ならガンガンいけ」と言われて

無理に強気で女性と接しても上手くいきません。

 

 

それは、キャラが合っていないからです。

 

 

ドラクエで言えば、

職業が戦士なのに魔法を

必死で習得しようとしているようなものです。

(因みにドラクエ3では、戦士はどれだけレベルを上げても

魔法を使うためのMPというのが、”0”のままなので、

仮に魔法を覚えても唱えることすらできません。)

 

 

ですので、まずは

”自分のキャラを把握する”

ということが、

 

恋愛レベルを効率よく上げていく

ポイントとなります。

 

キャラの決め方が冗談抜きで人生を変える
「僕は、大人しい性格だから草食系キャラだな。」

「俺は、気が強いから少しオラオラ系キャラでいこう」

 

そんな風に自分のキャラ(職業)を知っておく事で

自然と、どんな方向性に成長していくかが決まります。

 

つまり、成長していくことに迷いがなくなるわけですね。

 

 

ただし、ここで1つ注意があります。

 

それは、自分のキャラを判断するときには、

“客観的に判断すること”です。

 

例えば、性格が気弱だったとしても

他人から見たらしっかりしてそう。

 

だとしたら、

”他人から見たあなた”

に合うキャラを目指すのが正解です。

 

 

大事なことなので2度いいますが、

 

自分の行動指針に迷いをなくしてくれるもの”

 

となりますので、恋愛に自信がもてない人ほど

キチンと定めた方がいいです。

 

 

 

意識が自分を変える

意識というものは、行動を習慣化させ

恋愛を上手く機能させることができます。

 

ネットや雑誌で得た情報。

モテる男性から聞いたアドバイス。

 

そう言った情報から得たスキルが、

 

・自分のキャラに合っているか!?

・使いこなせる恋愛レベルに達しているか!?

 

こう言った判断ができるようになるからです。

 

 

ぜひ、意識を変えていってみてください。

 

 

 

では、今回のお話をまとめましょう。

 

『自分のキャラを把握して、

 現時点の恋愛レベルに合った成長を目指す。』

『キャラにあった恋愛戦略を覚える。』

 

という事が、女性にモテる最短の道のりとなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です