モテないという卑屈感から抜け出すための思考法

女性に話しかけても上手くいかない、勇気を出してアタックしたけど

フラれる。

 

 

こういった経験を何度か重ねると

「自分はモテない人間なのではないか?」

そんな風に考えてしまいがちです。

 

 

そして、

「こんな俺なんかが話しかけても無理だろ・・」

「どうせ俺なんか告白しても上手くいかない」

こういった卑屈な考え方をする様になっていってしまいます。

 

 

『女性から相手にされない…

モテない… 死にたい… 女の子と話したい…』

 

 

そんな切実な悩みに陥ってしまわないように思考を変える方法を

お伝えしましょう。

 

 

 

 

 

まず卑屈になっていく思考を解析する

そもそもモテない男性が、どういう思考をしてしまっているか解析しましょう。

トランプに例えると分かりやすいです。

 

モテない男性が持っている恋愛の知識、

これを手札で例えたときに以下だとします。

 

この状態で、なんのカードゲームをしているかすら分かっていない。

にも関わらず、『なんとかしないと』という気持ちでいっぱいなんです。

 

でも、この状態では、なにをいくら考えたところで、

いい案が思いつかないのは分かりますよね?

 

どれだけ思考を張り巡らせようと、どんなゲームをしているかも分からないし

手札は2枚しかないのですから解決策が見つかるわけがないのです。

 

問題は、自分はこんなに悩んでいるのに、周りは平気でカップルが存在していることです。

ここで卑屈、第一段階に入ります。

 

「どうして、俺にだけ彼女ができないんだ」

そんな風に思ってしまう訳ですね。

 

 

 

彼女ができないループにハマっていく理由

 

一度、卑屈モードに入ってしまった段階で、彼女をつくるのは難しくなっていきます。

それは、彼女を作るということをとても大きな問題だと考えてしまうことにあるからです。

 

人というのは、理解できない現象に対して理屈づけることで取り敢えず

納得させようとする心理が働かせるからです。

 

これを専門用語で『後知恵』ともいいます。

(後知恵は、人があらゆるところで使う”タチの悪い合理化”のことです。

例:サッカーを観戦していて、PKが終わったあと「あぁ右に蹴ると思ってたよ。だってね・・・」となんの根拠もない後から付けた説明をすること。)

 

『彼女ができない』という問題については、卑屈モードだとこうなっていきます。

 

《こんなに悩んでいるのに彼女ができないなんて『恋愛はとても難しいものに違いない』

そんな風に思ってしまうのです。

 

さらなる追い討ちがコレです。

学校や職場、街中を歩けばカップルなんて飽きるくらい見るという現実。

 

その数を見て『”俺に”恋愛はとても難しい』となってしまうのです。

 

ここまでくるとモテない男性の思考の完成です。

もう、彼女を作ることがほぼ無理ゲーとなってしまいました。

 

例えば、先のカードの例で言えばポーカーで、ロイヤルストレートフラッシュを

作らないといけない、と思い込んでいるようなものです。

 

 

因みにロイヤルストレートフラッシュが出現する確率は

たったの『0.00015%』しかないと言われています。

 

これをなんとかしろという方が間違いです。

 

 

では、彼女は諦めろと言っているかというと、そういうわけではありません。

 

もちろん、「卑屈だからモテないんですよ」とか「とにかく自信持っていきましょう」

といった当てにならないアドバイスをするつもりもありません。

 

私が言いたいのは、彼女を作る難易度は

『ポーカーで言えば1ペアをつくる程度の簡単なこと』で

あなたは、それを学ぶ機会がなかっただけだ。ということです。

 

因みに1ペアは同じ数字のカードを2枚揃えることです。

先ほどの手持ちカードで言えば

ここに、もう一枚『2』か『10』を持ってくるだけです。

(ゲーム上の確率は、42.25%と言われています。実際、私は狙った女性は

8割以上口説けるので、恋愛は1ペアなど作らずとも勝てる勝負と言っていいです。)

 

どうです?楽勝な気がしてきませんか?

実際に、彼女の作り方さえ覚えてしまえば本当に簡単なんですよ。

 

関連記事

女性がたった3つの手順で『知り合い』から『恋人』になる方法

 

彼女作りの簡単さは周りが証明している

 

実際にところ、学校や職場、街中を歩けばカップルなんて飽きるくらい見ますよね?

これは、どういうことか。

 

先ほどは悲観的に『自分だけがモテないから』といった思考をしてしまいました。

 

 

ところが、逆に考えてみてください。

 

失礼ながら、どう考えても普通かそれ以下の見た目の男性でも彼女を

連れ歩いていたりしますよね?

 

では、彼らはロイヤルストレートフラッシュ並みの確率を引き当てたのでしょうか?

そうではありません。

 

彼らは、人生のうちのどこかで一度だけ恋愛の正解ルートを通ることができたのです。

実際に女性と深い恋愛を一度するだけで、女性との付き合い方や接し方の多くを学べます。

 

つまり一回なんとかできれば、あとはやることは同じなんです。

 

希望を捨てないでください。

周りの男性もこの私だってあなたと変わらない普通の人間です。

 

ただ、私は深く追求したから女性と付き合える可能性を飛躍的に高めることができただけです。

ですから、あなたの手札を増やすことが私にはできます。

 

 

そうそう信じられる話ではないでしょうが、このブログで数々の恋愛知識を公開しています。

また、強力な効力を発揮してくれる恋愛教材もあります。

 

あなたが少しでも、私の情報が役に立ったと思ったなら

どうか卑屈な状態から抜け出して、『望み通りの彼女をつくれる男』を目指してください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です