女性を振り向かせるズルい駆け引き

気になるあの子を何とか振り向かせたい・・

そんな時に役立つ駆け引きを

いくつか紹介したいと思います。

駆け引きなんていうと小難しいイメージが

あるかも知れませんが、安心してください。

3桁を超える女性と関わってきた、

ナンパ師の私が使いやすい

駆け引きを厳選して、分かりやすく解説します。

 

駆け引きの極意とは?

 

恋愛の駆け引きは、普段の言動の

『時と場合』をうまく活用することにあります。

特別、変わった行動を取ったり、

特殊な発言をするような事はありません。

実際に、今日聞いてすぐに

使えるものばかりですので、

ぜひ試してみてください。

 

駆け引き1  『弱みを利用する』
駆け引き上手な男性は、

女性の弱みをうまく使います。

 

例えば、女性が悲観的になっているとき、

何かに悩んでいるようなときに、

自分自身の弱音を話したりします。

これは、心理学的には、同調効果というもので、

自分と相手に共通事項があると安心感や親近感を

与える効果があります。

 

日頃なら、モテる男性は弱音を吐くことは

絶対にしないのですが、

(関連記事 『モテる男性が絶対にやらないこと』

 

こうした適材適所を使い分けて

自身も弱い部分を見せることで

 

相手に同意、同調してあげて

グッと仲を縮めることができるのです。

 

駆け引き2 『自分を巧みによく見せる』

駆け引きが苦手な男性の多くが

やりがちなのは、女性に良いところを

見せようと必要以上に自分語りを

してしまうことです。

 

聞かれてもいないのに、

自分の能力を話したりすると

嫌味に取られることが多かったりします。

自分をよく見せる為に、自己アピールするなら

『タイミングの見極め』が重要となってきます。

それは、その能力を披露する場面があったとき。

その能力に女性が興味を持ったとき。

が嫌味とならないベストタイミングです。

 

少し高度な方法になると、

会話中に『夢を語る』『目標を語る』という方向に

話を持ち込むことで、熱意と一緒に自分の能力自慢をする

という方法もあります。

これなら、嫌味さを感じさせることなく

マジメに努力してきた一生懸命な人

という正しい自己アピールにつながります。

 

ただ、この方法は芯の弱い子(いわゆるメンヘラ)

と呼ばれるタイプには、しっかりし過ぎている男に

見られて距離を避けられる事もあります。

 

このようにタイプ別に注意が必要だったりしますので

ご注意を。

駆け引き3 実は高度なじらしのテクニック

よく、

「LINEはあえて1日遅らせろ」

「女性との待ち合わせには少し遅れて行け」

といったじらしの駆け引きが語られますが、

 

これは、かなり高等テクニックです。

気軽には取り入れないようにした方がいいです。

 

実際のところ、訳もなくLINEを遅らせても

相手にとって

「何がしたいの?この人?」

「返信のテンポ悪いしめんどくさい」

となりますし、

 

同じく理由のない遅刻も

女性の怒りを買うだけです。

そもそも、人として失礼です。

 

女性との関係性やその場その瞬間の空気を読んで

行えば効果的なこともありますが、

 

失敗すると嫌われるという諸刃のツルギな

高度なテクニックだと思っていただく方がいいです。

実際に、もっと使いやすいじらしは

 

例えば、LINEでデートに誘う時など

『最高潮に盛り上がった瞬間にやり取りをやめる』

これが効果的です。

まず、デート先に女性が喜んで行きたくなるような

お店の写真を選んで送る。

女性がかなり食いついてくる感じで、

「行ってみたい!!」

となったなら、ここでやり取りを終わらせます。

 

駆け引きが苦手な男性は

こういった場合に、好きな人に親切にしたい

という気持ちから、そのお店の特徴だったり

良いところを細かく説明しがちですが、

実は、それは逆効果で

情報は与えれば与えるほど期待や関心は薄れていきます

 

推理小説などで、

「犯人はコイツでこんなトリックを使うよ。」

なんて教えられたら、

どんなに名作と言われる作品でも読む気が失せますよね!?

そういう感覚になってしまうんですね。

 

因みにあまり情報を与えない男性というのも

モテますので、合わせて覚えておいていただけると

いいかと思います。

関連記事『ミステリアスな男性はモテる!?』

 

まとめ

・普段話したら、頼りないと思われる弱みも

女性が弱っているときなら、同調効果として有効

 

・自己アピールは、最適なタイミングで行わないと逆効果

 

・巷で言われるじらしのテクニックは説明不足。

高等テクニックなので安易に使うのは危険。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です