思考を停止させるとき、恋は逃げていく

恋愛において、してはいけないこと

 

「じっくり考えろ!

だが、行動する時がきたなら、

考えるのはやめて、ただ、すすめ!」

 

 

これは、フランス革命の後半期に暴れて、

神聖ローマ帝国の皇帝にまでなった人

ナポレオンの言葉です。

 

この言葉は、恋愛においても

成功の秘訣とでも言える言葉だと

私は思います。

 

この考え方、

好きな女性ができると、

いつもこちらからアタックするけど

全くいい反応をしてもらったことがない・・・

 

という男性は必見ですよ。

 

 

”悩んでいる”は、”考えていない”と同義

 

実際、好きな女性がいると

 

「その子のことを考えると何も手に付かない」

なんて状態になってしまいますよね。

 

「あの子は何を考えて、何を思っているのか?」

そんな風に悩んでしまいます。

 

ですが、具体的にどうすれば

”その女性を振り向かせられるか?”

をじっくり考えている男性は少ないと思います。

 

 

心を内に向けていると言えばいいでしょうか、

とにかく女性に好かれようと思う反面で

 

『女性に嫌われないようにする』

 

という思考で止まっている人が多いです。

 

なぜなら深く悩んでいるようで、

『女性のことを分かろうとしていないから』

です。

 

 

そういう状態の人が

どのような思考をしたところで

 

女性が何を考えているのか分からない

分からないまま悩み続ける

答えが出ないまま告白

 

そうしてフラれてしまっています。

 

これは、

以下のような思考の違いだ産んだ結果です。

 

 

今日から使える心理学、女性の心を開くには!?

 

本当に恋愛を思考するとは!?

実際に本当に思考しているかどうかの違いを

考察してみますと

 

・好きな人がいたとします

 

悩んでいるだけの男性が

考えているというのは

 

「好きだし。告白したい」

どう思われているか分からないけど

好意を伝えればなんとかなるだろう。

 

と問題解決しないまま、行動しているのです。

 

 

うまく恋愛をこなす男性は

女性のことをもっと知ろうと考えます。

 

例えば、

「そもそも、彼氏はいるのかな」

「なにが趣味かな」

「どんな人がタイプかな」

「遊ぶ用事を作るためにも、

 共通の知り合いはいたかな」

 

と具体的にドンドン考えていきます。

 

 

そうして、行動をとっていって

『自分のことを知ってもらう』

『相手のことをよく知る』

 

そこまで来て初めて

あとは告白しなければ分からない。

となります。

 

 

もし、あなたも考えているようで

実は、何も具体的に仲良くなる方法を

考えていなかったな・・・

 

と思われたなら、できる最善策を

一度「じっくり」考えることをオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です